Boudewijn Sirks教授研究会のお知らせ

トップぺージ研究会Boudewijn Sirks教授研究会のお知らせ

2019年1月9日

                          201919

Boudewijn Sirks教授研究会

 下記の要領にて、オックスフォード大学ローマ法名誉教授Boudewijn Sirks教授を囲んで研究会を開催いたします。年度末の多忙な時期かと存じますが、なにとぞご出席いただければ幸いです。尚、研究会終了後、夕食会を予定しております。夕食会(学士会館の予定)にご参加下さる方は、葛西(kasai@l.u-tokyo.ac.jp)にメールでお知らせください

日時 2019211日(月、祝日)1518

場所 学士会館310号室(最寄り駅:神保町駅)

101-8459 東京都千代田区神田錦町3-28

https://www.gakushikaikan.co.jp/access/

報告者・テーマ: Professor Boudewijn Sirks, ‘Consideration, quid pro quo: a Roman law origin?’

使用言語:英語

本研究会は科学研究費基盤研究B「法学提要に対する比較法学史的研究」(代表 葛西

康徳)と法制史学会東京部会の共催となります。

                     葛西康徳kasai@l.u-tokyo.ac.jp

                額定其労(東京部会)echuluu[a]ioc.u-tokyo.ac.jp

このページの先頭へ戻る