基礎法学系学会連合のページ

法制史学会 基礎法学系学会連合のページ

第12回基礎法総合シンポジウム
「人・移動・帰属―変容するアイデンティティ」

オンライン開催 (Zoom ウェビナー)2020年10月31日午後1時~午後6時
定員 500名(先着順) 10月27日(火)までに事前申込
申込みサイト
https://sites.google.com/site/kisohosympo2020/
※詳細は申込みサイトをご覧ください。

主催:日本学術会議法学委員会・基礎法学系学会連合(日本法社会学会、日本法哲学会、比較法学会、法制史学会、比較家族史学会、民主主義科学者協会法律部会)

 

開会挨拶 佐藤 岩夫(日本学術会議会員・東京大学社会科学研究所教授)

企画趣旨説明 大西 楠・テア(専修大学法学部准教授)

 

第1部 報告

佐藤 団(京都大学大学院法学研究科准教授)
前近代における人・移動・帰属

松前 もゆる(早稲田大学文学学術院教授)
移動・ジェンダー・世代―現代ヨーロッパにおける労働移動の事例から

小畑 郁(名古屋大学大学院法学研究科教授)
日本の外国人法における「在留資格」概念の肥大化-そのイデオロギー批判のために

長谷川 貴陽史(東京都立大学法学部教授)
わが国における移民・難民の包摂と排除―包摂と排除の中間的形態及び包摂概念の意味と限界について

瀧川 裕英(東京大学大学院法学政治学研究科教授)
移動と帰属を徹底的に区別する

 

第2部 総合討論

司会 亀本 洋(日本学術会議会員・明治大学法学部教授)
浅野 有紀(日本学術会議連携会員・同志社大学大学院司法研究科教授)

閉会挨拶 小川 浩三(比較法学会理事長・専修大学法学部教授)

 

連絡先
基礎法学系学会連合 事務局 kisohogaku@gmail.com

*所属と職名は2020年8月1日現在

 

ポスター

このページの先頭へ戻る