近畿部会の今後の例会開催見通しについて

トップぺージ近畿部会近畿部会の今後の例会開催見通しについて

2020年5月11日

会員のみなさま

今後の近畿部会の活動につきまして、お知らせ致します。
新型コロナウイルス感染症の拡大が懸念されるところ、当面のあいだ部会開催を見合わせることとし、情勢が改善し次第、再開させていただきたく存じます。
緊急事態宣言の解除後も、しばらく混乱は続くものと思われます。
今後の活動につきましては、会員のみなさまの安全を最優先として、判断致したく存じます。
再開の目処が立ちましたら、学会ホームページ、近畿部会のメールアドレス等から速やかにご連絡させていただきたく存じます。
昨今の事情に鑑み、やむを得ない対応として、何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

一方で、現在の状況は、オンラインを含めた法史学・法史教育の新しいかたちを模索していく機会と考えております。
幹事も、よりよいかたちでの部会活動を模索・検討していく所存ですが、会員のみなさまのご意見をお寄せいただき、お知恵・ご体験内容をご教示賜りたく存じます。
ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


幹事:久禮旦雄(京都産業大学)・川島翔(九州大学)
<連絡先> E-mail: kinkibukai@gmail.com

このページの先頭へ戻る